基礎のつなぎ目


京都の現場で監督から教わったクニシールという材料を施工しました。基礎に施工する素材です。


木造のコンクリート基礎は底の板(床版)と壁に分かれて施工することがほとんどです。(レゴブロックをイメージしてもらえるとわかりやすいですね)底の板と壁の隙間から水が入りやすく弱点になります。


いつもは防水モルタルやコーキングで底と壁のつなぎ目を塞ぐのだけど、今回は基礎の中で止水するクニシールを採用しました。

コンクリートの隙間を埋めるように広がり効果を発揮します。


つなぎ目が目立つことなく仕上がるのでは・・・と結果が気になるところです。