住宅+アトリエ/リノベーション

住居兼アトリエのリノベーションの現場が着々と進んでます。


天井に貼られたジプトーン(学校やオフィスの天井)を撤去してもらい、迫力のあるコンクリートの構造をおもてにだしていきます。

このコンクリートの梁や天井が太陽の光を浴びるのは約50年ぶり。


白く塗られた壁と荒々しい構造で空間をシンプルにしていきます。

アトリエとなると住まい手の心象風景を反映した空間を目指していくこと、そこに訪れたクライアントが世界観に浸れることが欠いてはいけない設計条件ではないでしょうか。


「誰かが訪ねてくる」ことを想像して、住宅とは違う面が要素に加わり、ほんの少し「開けた状態」を目指していくことになります。